見切り発車で行こう!

考えすぎず、まずやりたい。

コーラのカフェイン含有量は意外と多かった!寝る前は注意しよう・・

普段、自分はカフェインを飲まないようにしているのだがコーラは結構飲んでいたりする。

なんというか、食後にコーラを飲むと甘くてデザート代わりになる感じがするのと「炭酸のシュワシュワ感」に少しやみつきになってしまうのだ。

しかし、コーラにはカフェインがバッチリ含まれていることを最近知ったんです!

いや、正確には知っていたのだがコーヒーや紅茶などに比べたら「全然大丈夫だろう」という風に考えていたのだが想像以上に含有量が多かったのだ・・。

今回は、快眠を得るためにはコーラ好きな人は少し気を付けた方が良いということを示唆したいと思います。

コーラに含まれているカフェインは意外と多いよ・・

普段から、あまり胃の調子が良くないのでカフェインなどを摂取しないようにしていた。

しかし、コーラは時々飲むことがある。

結構甘党な方なので、食後の口直し代わりなどにコーラを飲むことが多いのだが・・これはあまり良くないようだ。

いや、正確には夕飯後のコーラの摂取が特によくない。

コーラに含まれているカフェインの含有量は、約12~15mg(飲み物100mlあたりのカフェイン含有量)。

それに対して、紅茶は約20mgでコーヒーは種類によっても違うが約50mg。

「何!?紅茶とほぼ変わんないやんけ!」

この事実を知ってからは、夕食後にコーラを飲むことがほとんどなくなった。

もともと、睡眠の質があまりよくない自分だったがコーラを飲んでたらカフェインを飲んでるのと変わらないじゃないかと。

どおりで、夜中に中途覚醒がおきたりするんだろうなと。

逆に言うと、お昼ご飯を食べた後にコーラを飲むとあまり眠くならない気がしたのは気のせいではなかったということか・・。

カフェインを摂るということは、夕食後でなくとも気をつけないといけない。

カフェインは快眠の敵

コーラのカフェイン含有量が思った以上に多かったので、今後は控えることにした。

もともと、白砂糖もたっぷりと入っているので体に良いものではないのだがカフェインが積極的に入っているということになると今までの不眠気味な感じも納得がいった。

カフェインというと、コーヒーや紅茶などの飲み物を思い浮かべる人が大半だろう。

そのため、コーラのようないわゆる「ジュース」にカフェインが比較的多く入っているという事実を知らない人は多いのではないだろうか。

寝る前にコーラを飲む人というのは少なくはないだろう。

ただ、一般的に寝る5~6時間前ぐらいからは少なくともカフェインを摂らない方が良いと言われている。

そのため、夕食後のカフェイン摂取には気をつけよう。

コーラを愛している人も多いと思う。

また、コーラそのものは自分も好きなので否定はしたくない。

しかし、快眠をしたいという人にとってはコーラを飲むタイミングというのは大いに気をつけてもらいたいものです。

寝る前に飲んじゃいそうなったら、「コラー!」と自分に言い聞かせてみてはどうか。

とはいってもコーラが好きなんだ

少し脱線するけど、カフェインがコーラには多く含まれていると言っても「やっぱりコーラは好きだ!」

これがお昼の時間帯とかなら、睡眠にそんなに影響はないかもしれないけど夜にコーラが飲みたくなっちゃう場面ってあるよね・・・。

例えば、ファーストフードとかピザを注文したりすると「コーラ欲しい!」ってなるのよね。

また、ポテチとか食べてるとコーラが無性に欲しくなって自販機で買って飲んでしまうなんてことも。

コーラって、ジャンキーな食べ物に非常に合っているんですよね。

また、コーヒーのように苦い感じとは正反対に甘くて「シュワー」っとして喉越しがとてもいいので結構な量を飲んでしまうことも・・。

なので、さすがにたまに食べるジャンクフードと一緒に飲むコーラは避けられないかなと・・。