見切り発車で行こう!

考えすぎず、まずやりたい。

自分の人生をドラクエ化できる世界。そんな世界を想像してみた

「あなたの人生をドラクエ化してみませんか?」

そんなことを誰かに言われたら、ものすごく興味本位で話を聞いてしまいそうな気がしますな~(笑)

でも、ドラクエでレベルがアップしたり転職してさらに強くなったりするのがリアルの世界でも味わえたら面白くないですか?

ここからは、妄想リアルドラクエ世界の開幕です。

何かができる度にレベルがアップする快感

自分が努力したり、苦労したことが報われることってなかなかないですよね?

人から褒められたりすることはあっても、具体的に数値化はされませんし一生残るわけでもないです。

でも、リアルドラクエ世界だと些細な頑張りでも「タラララッタッタッターン!」ってな音楽が自分の頭だけに流れてきてレベルがアップするのです。

例えば、鶏のから揚げを作れるようになったら「料理の能力が2上がった」なんて脳内のデータベースに残ります。

仕事でとあるプロジェクトを完遂したら、あらゆる能力が上がることになります。

「資料作成能力が7上がった」「プレゼン能力が8上がった」「議事録作成能力が4上がった」などなど、苦労して得てレベルアップしたらそれだけ次同じことをやる時に楽になる。

試験勉強なんかは、まさにモチベーションを上げるにうってつけですね。

科目ごとにレベルが上がっていったら、さらに勉強しようという気になれますよね。

特定のレベルになると、現実世界で使える特殊能力を覚えられる

で、レベルが上がるとドラクエって色んな能力が底上げされるだけじゃなくて魔法使いとか僧侶なら呪文を覚えられるじゃないですか。

仕事とかでレベルアップした場合は、「通勤時間10分の短縮を覚えた」みたいな感じで嬉しいボーナス的な魔法のようなものが使えたりとか(笑)

恋愛関係だったら、ナンパ100人頑張ってレベルが上がったら「何もしなくても女性に好かれやすいフェロモンを常に放出することができる」みたいな。

恋愛なんか、現実世界だと運の要素も絡むから婚活とか頑張ったら「容姿レベルが2上がった」とかちょっと若返って欲しいよね(笑)

個人的には、非モテでもレベルアップして一定レベルまで到達すると「必ず一回は結婚できる」という呪文を覚えることができたら嬉しい。

一度レベルアップしたことは忘れず、転職の度に能力が増えていく

現実世界の問題点は、一度覚えたことや苦労して成長した経験が時と共に風化しちゃうことなんですよね。

でも、ドラクエだと呪文とか覚えたら基本的に下がらないじゃないですか。

まあ、転職したらレベルがまた下がっちゃう場合もありますけど基本的にはレベルとかも寝てても下がることはない。

努力へのモチベーションって、ドラクエみたいになったら自分のレベルが目に見える数値で上がっていくのが最高に楽しいんじゃないかと。

しかも自分の生活の糧になるものだし。

転職して、違う仕事とかになっても前の職場でやったことは全部覚えてるしその時に覚えた共通した仕事能力は維持されたまま。

しばらくブランクがあっても許されるのがドラクエの世界。

一旦セーブして、間違えてしまったらまたやり直せばいい。

あれ?

でも、気づいた。

これ、現実世界とあんまり変わらないんじゃないかと。

苦労して、レベルを上げて特殊能力を工夫して覚えて間違えたらまた人生やり直す・・そうだ。

人生をドラクエ化するのって、実はそんなに難しくないのかも。

そんな結論!