見切り発車で行こう!

考えすぎず、まずやりたい。

歯茎の中に埋まっている親知らずを抜いた時の恐怖と抜歯後のとんでもない痛み

親知らずって、結構多くの人が抜いた経験を持つと思うんですけど自分の場合はちょっと特殊だったんですよね。

なぜかというと、表面上は生えてないように見えるのにレントゲンではバッチリ歯茎の中に埋まっている!

今回は、これを抜いた時の苦労とその後の激痛について綴っていきます。

まず、普通の歯医者さんでは無理と言われた

「そもそも、歯茎の中に埋まってるんだから抜かなくても日常生活に支障はないんじゃ?」

実際、それに気づくまでは特に支障はなかったんですよね。

完全に埋まっている状況だったので。

しかし、丁度その時に歯列矯正をしようと考えてた時期だったのでそれだと抜かないといけなくなるんですよ。

で、いつも通ってる歯医者さんでは「これは口腔外科にいかないと無理ね~」ってなことになって紹介状を書いてくれました。

「え?口腔外科って何?初めて行くんですけど・・」

そんな気持ちで、相当不安でした。

口腔外科に紹介で行くことに

で、近くに総合病院があってそこの口腔外科に行くことになりまして、男性の先生が待ち構えていました。

その時は、行ってすぐに手術をしたのかどうかは覚えてないです。

もしかしたら、一回事前に話を聞いてからまた訪問して抜きに行ったのかも・・。

あ、そうだ!

実は、歯茎の中に埋まっている親知らずは下の歯の両サイドにあったので「2つ」なわけだったのです!

ただ、一つの側の親知らずの方は「埋まりかかっている」状態だったので口腔外科に行ったときに先にそっちの簡単そうな方をやってもらいました。

で、結構怖かったんですけど比較的スムーズに終わった記憶があります。

普通に歯医者さんで歯を抜くのとあまり変わらないんじゃないかと。

でも、問題はもう一つの方でした・・。

確か、簡単な方を先に抜いてしばらくしてからまたこの口腔外科に行って2回目の「手術」をやったと思うのですが・・・2本目は相当なホラーでしたね・・。

先生も、「一本目は簡単なんだけどね、もう一つの方は完全に歯茎の中に埋まってるからね・・」みたいなことを言ってたような気がします。

手術中のものすごい音が恐怖。そして麻酔が・・

で、運命の2本目。

でも、この時点では1本目が比較的あっさりと抜けたので完全に埋まっている状態と言われても心の中では「まあ、1本目がスムーズだったからなんだかんだで想像より大変じゃないかも」なんて思ってましたよ・・。

1本目がスムーズにいったことで先生への信頼も厚かったので勝手に楽な未来を想像していたわけです。

で、始まりました2本目のやっかいな方の親知らずの抜歯。

もちろん、麻酔を最初に打ってから本格的な手術に入ります。

そしてここからが恐怖タイム!

前回抜歯した時とは、明らかに使用している器具が違う!

なんか、始まった瞬間にすでに先生がドリルのようなもので「ガガガガ~!」って患部のところをついてくるんですよ・・。

もちろん、麻酔が聞いてるので痛くはないんですけど終始「ガガガ、キュイーン、ドガガ!」みたいな感じでまるでジョジョの奇妙な冒険の仗助の攻撃ぐらいな擬音語が頭の中にすごく響くわけです。

たぶん、完全に埋まっているわけだからドリルでまず歯のあるところまで掘っていく(歯茎を削っていく)という絶対にその場面を自分でみたくない作業をしていたんだと思います。

ほんとに、手術のほとんどがずっと「ガガガ~!」っていうのの繰り返し。

途中、先生も疲れてきたのか合間合間で一瞬一息入れるんですけど自分からすると「お、終わったか?」なんて期待しちゃうもんでそこからまたドリル攻撃を繰り返すので「これ、いつ終わるんだ~~!?まさか麻酔切れないよな~~!?」ってほんとうに心配になったのです。

最後の方は、ドリルで攻撃されながら途中で止めて先生が歯を取り除けるかどうか試してみてダメならまたドリル・・というような感じでした。

で、最高の恐怖が訪れました。

たぶん30分ぐらい経ったころでしょうか。

「あれ?なんかちょっとだけ痛い気がする。おい!麻酔切れ始めてね~~か!???」

ここからは、マジで1分1分が地獄タイムでした。

はっきりと痛いわけではなかったので、まだ大丈夫だったのですが「このままじゃ!早く終われ!」と祈ってました。

そして、運がいいのか麻酔が切れかかっている感覚を味わってすぐぐらいにようやく終わったのです・・戦いが。

終わった後のその日は水が患部に当たるだけで大激痛

ようやく手術を終えて、抜歯が成功したわけですがここからは自分との闘いでした。

麻酔がまだ残っている状態なので帰り道は痛くなかったのですが家に帰った頃には完全に麻酔が切れていました。

たぶん、患部の周辺は恐ろしいことになっているんだろうなと思いながら当然鏡で見ることは拒否!

で、普通にしている分には麻酔が切れてもちょっと痛いなぐらいなのですがこれが食べ物とか水を口に入れるだけで「のたうち回ります」。

手術した側の方に、水が一滴でもあたると「うお~~~~!」という感じで激痛が襲ってきます。

そりゃそうよね、あんなにドリルで歯茎蹴散らしたんだもん。

で、ご飯は当然ながらまともに食べることができないことはわかっているのですがさすがに何も食べないわけにもいかないので親がそうめんを用意してくれました。

患部に一切、食べ物や水が当たらないように左側が大規模な手術をした方なんですけど食事中や水を飲む時は常に「頭を右に傾けて(左側になにも来ないように)」「口の中は右側ですべて飲食をする」ということを徹底してゆ~~~~くりそうめんを食べてその日をなんとか乗り切りました。

次の日になると、一気に痛みは半減して患部に水があたるぐらいは大丈夫になりました(痛いけど激痛ほどではない)。

こんな感じで、歯茎に埋まった親知らずを抜いた貴重な経験を綴ってみましたとさ。

いや、口腔外科にかかったのって今のところその時が最後です。