見切り発車で行こう!

考えすぎず、まずやりたい。

【鉄拳7】豪鬼で獣段よりもさらに上を行くには、セビキャンコンボのマスターが必要。

まだまだハマっている鉄拳7ですが、やはり豪鬼一筋でやっております。

先日、段位が大蛇から鬼熊に昇格したのですがその上の「拳段」レベルの壁がちょっと厚いです。

豪鬼に限ったことじゃないですが、拳段以上で個人的には「一人前」という感じがするのでどうしてもあと一段上がって「剛拳」になりたいわけですよ。

そして前から気づいてましたが、豪鬼が上手い人は必ずセビキャンからのコンボをほぼマスターしている。

今回は、豪鬼でさらに上にいくために自分が今どうすればいいかを考えてみました。

セビキャンコンボができないと行動がパターン化してしまう

鬼熊に昇格してから、その勢いで「拳段」への昇格をもくろんでランクマをやっているのですが勝ったり負けたりでなかなか昇格試合に持っていけない・・。

なんとか一回だけ昇格のチャンスを得たのですが、相手が悪く3セット連取されてあえなく昇格失敗。

そこから、降格はないまでも勝って負けて、負けて勝って・・・というような試合展開。

勝つ試合も、2-2で最後ギリギリみたいな展開が多いので今の自分の限界に近い状態でなんとか生き残っている。

とはいえ、なんとか勝った負けたでやってきているので運がよければ剛拳にいけるかもしれないという淡い期待も。

ただ、正直自分の攻撃がパターン化しているので2セットとってあと一歩とかで逆転されるケースもあるんですよね。

セビキャンからのコンボは、波動拳を普通に撃ってそこからセビキャンで波動拳を盾にしてダッシュしていき小足からの竜巻豪昇竜とかにつなげるのが今の自分のとっておき。

あと、竜巻昇竜からのセビキャンもなんとか普通にできるようになった。

でも、そのほかのバリエーションがまだまだ体で覚えていない・・。

豪鬼はゲージ使ってセビキャンコンボで火力を出してなんぼのキャラなので、まだセビキャンに慣れていないとどうしても自分の連携がワンパターンになってしまう。

起き上がりEX豪昇竜をすぐに使う人はまだまだ中級者以下

また、ランクマで昇格が近い状態になると極度に緊張してしまい上記のセビキャンも肝心案ところでミスすることも・・これで勝ち星取りこぼしていることもあるんですよね。

結局、安全なゲージの使い方として倒された後に鉄板の起き上がりEX豪昇竜に頼ってしまいセビキャンコンボをあまりすることがなくなってしまう・・上手い人は簡単にゲージを消費しないのに。

色んな状況からのセビキャンコンボをマスターすれば一気にブレイクする

今のところ、自分のセビキャンコンボ始動の展開は以下の3つしかありません。

・中足からの竜巻昇竜でセビキャンしてコンボ移行
波動拳を普通に撃ってそれをセビキャンして盾にして突っ込む
・中足からの波動拳をセビキャンしてステップして中足竜巻豪昇竜

ようするに、まだセビキャンの基礎の部分がようやくできるようになって日が浅いところなんですよね。

もちろん、これができるようになったおかげか苦しい時にセビキャンコンボをして勝ち抜いたおかげで鬼熊までいけるようになったと思っています(今までは餓狼~名人をウロウロしてました)。

でも、赤段とから段とかの豪鬼使いはセビキャンをほぼどの角度かもいつでも打てる準備ができてるんですよね。

例えば、ジャブからのセビキャンコンボ。

ジャブはいちばん始動が早いので、これができると相手の攻撃をガードした色んな場面で確反コンボが決まりやすくなって攻め率が高くなります。

また、ジャンプキックして大パンチのヒットを確認してからの波動拳セビキャンコンボ。

ヒット確認しながら、セビキャンもできるというのはよほど体に覚えさせないと難しいですね。

また、こういった人たちはセビキャンを2回連続でやって大ダメージコンボへとつなげていくんですよ。

例えば、「しゃがみパンチから波動拳をセビキャン→ステップして再びしゃがみパンチから波動拳をセビキャン→壁を利用した鬼コンボ移行」ってな具合にセビキャンコンボを日常生活のように使いこなせている。

相手の技を見て、確反ができそうかをしっかりと見極めた上でゲージ2つ消費してセビキャンやってくるので相手の体力をごっそりともっていける。

これができると、相手も軽いジャブとかからセビキャンコンボもありえるので警戒して普段の動きができなくなるという利点つき。

やっぱ、豪鬼の急激なレベルアップはセビキャンなど各種コンボのマスターしかない!

セビキャンは感覚なので実践しながら練習するしかない

で、上手い人の動画を見て豪鬼の鬼コンボ見て「すげ~、あそこからあれでつなげるんだ~」って頭で連携を理解するんですけどこれが実際にやるとなると難しい。

鉄拳の場合、一度空中から落ちた相手を拾ってさらにコンボをかける場面も多いのでその拾い方のタイミングとかが難しい時もあってこれはカラダで覚えるしかない。

正確には、指の感覚。

最初は、絶対にできないと思うのですが何十回何百回と真似をしているうちに段々と自分なりのコツがつかめてきて自然とできるようになってくるんですよね。

現在マスターしている3つのセビキャンも、最初は「絶対こんなの無理!」って思ってましたから!

なので、とにかくコンボはカラダで覚えるべし!

※ちなみに、この記事を書き終わってから運よく剛拳まで昇格することができました。念願の拳段に入りましたが今の実力ではここまでが限界でしょう。