見切り発車で行こう!

考えすぎず、まずやりたい。

鉄拳7などの格ゲーをやっているとその人の人間性がわかる!

格闘ゲームって、結構バカにできないんですよね。

相手と向き合って、バーチャルながらも大事な場面になるとその人の人間性が出ることを鉄拳7をやってて実感しています。

ここでは、格ゲーでありがちなパターンから見るその人の人間性を分析してみましょう(あくまでも個人的な主観とネタです)。

よく、挑発とかする人

これ、結構格闘ゲームであるんですよね。

鉄拳7でも、それぞれのキャラに挑発コマンドがついているんですけど相手が弱いと悟って何回もリベンジしてきたりするとすぐに挑発して相手を小ばかにする対戦相手がいます。

自分も、なかなか勝てない相手にリベンジで何度も対戦を挑んでいるうちに次第に挑発
ばかりをされるようになりました。

それでも・・・勝てないのが悔しい・・。

まあ、それはいいとして自分は挑発とかはまずしないのでそれをしてくる人の心理ってどんなもんなんでしょうね。

恐らく、こういうことをすぐする人は「自分が優位に立っている時だけ強気に出れる」タイプの人だと思います。

実生活でも、たぶん立場の弱い相手に対しては強気に出て上司とか権力的に上の人にはゴマをするなどして弱い自分を認めています。

ただ、弱い相手にはめっぽう強いので飲食店とかで結構横柄な人が多いのではないでしょうか。

体力ゲージが残りすくなくなると大技をぶっぱなしてくる人

いますね~、ピンチになって残り何発か攻撃を食らって死ぬような状況になるとプレーがすごく雑になって大技ばかり狙ってくる人。

こういう人たちは、「諦めが早い夢見がちな」タイプです。

鉄拳7なんかも、ピンチになると一回だけ使える必殺技みたいなのがありますけどピンチになった瞬間にすぐにそれを乱発するような人は大抵強くなれないです。

冷静な人は、鉄拳の場合はピンチの状態から勢いよくハマればかなりの体力差でも逆転できるチャンスは十分にあるのですがいかんせんこういった人たちの場合はたぶん実生活でも「上手くいかなくなったらすぐに諦めるか、一か八かの賭けにでようとする」タイプではないでしょうか。

逆境になればなるほど、冷静にいきたいものですけどこういった人たちは逆境に弱く現実世界では大成しないタイプな気がしますね。

まあ、自分もこの部類入っていたこともあります(笑)

ディフェンスが上手い人

格ゲーにおいて、ディフェンスが上手い人っていうのはかなり貴重な存在です。

大体、2Dゲームでも3Dの格ゲーでも自分の技をぶっ放して連携で詰めて手数で相手を追い詰めるというのが現在の主流な闘い方になっているのです。

守ってばかりだと、結局はいつか相手の連携で崩されてやられてしまうので攻めることを主体としないと鉄拳7でもついていけないんですよね。

なので、大体はディフェンスとか相手の次の行動を予測することに力を入れることよりも「自分の戦い方をする」ということに重点がいきます。

しかし!

段位やランクが上の方になってくると、さすがにディフェンスも上手い人がいます。

経験からか、次の攻撃が下段なのか中段なのか上段なのかということを予測してそれをガードなりかわして見事に反撃につなげてそれで相手の攻め気を防ぐ。

格ゲーは、ディフェンスが本当に難しいので相手のやってくることを読んでそれに対応した攻撃ができる人というのは数少ないです。

こういうディフェンスが上手い人というのは「実生活でも相手の出方などを予測して交渉とか議論で力を発揮する」ということが多いのではないでしょうか。

私生活でも、結構先を見据えた行動をするので思慮深く平和な暮らしができそうな感じですね。

自分はディフェンス苦手なので、やはり実生活でも自分のやりたいことを優先して物事を決めてしまいます。

拮抗してお互い残りの体力ゲージが少ないと緊張して手が震える人

これは・・・まさに自分のことなんです(笑)

とくに、本当の人間性が現れるのはお互い残り少ない体力の時にどれだけ冷静でいられるか。

ピンチになったり追い詰められたりする場面で冷静でいられる人というのは、実生活でもかなり「肝が据わってます」。

自分の場合は、相手も自分もあと少しダメージ食らったところでやられてしまうという場面では緊張して大体いつも練習している攻撃パターンができなかったりします。

こういう時に冷静になれないと「なにか有事の時にテキパキと行動ができない」人間であるという実感を感じてしまうんですよね。

追い詰められた時に人間の本性が出るので、確かに何か危険なことがあると真っ先に自分が逃げ出してしまいそうな気がします(笑)

また、とっさのトラブルとかに対応する力が弱いということも実感しています。

格闘ゲームをやっていると、他にも色んな部分で「ああ、これって人間性が出てるな」と思う場面があります。

たかがゲームですけど、今やプロがいて世界大会で賞金とかもあるぐらいの規模になっているのでバカにできないスポーツではないでしょうか。